2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ベンチャーへの転職ってどうすればできるの?

1 :名無しさん@引く手あまた:2010/06/15(火) 00:10:48 ID:RB2XTrjk0
ベンチャーへ転職したいんだが、どこで企業を探せばいいのかわからん。
ベンチャーへの転職に強い人材紹介会社とかある?
ちなみに今29歳。

2 :名無しさん@引く手あまた:2010/06/15(火) 02:11:08 ID:hrwh7zCY0
冒険の旅に出る

3 :名無しさん@引く手あまた:2010/06/16(水) 00:45:39 ID:6WgMxi5N0
>>2
無理や

4 :名無しさん@引く手あまた:2010/06/16(水) 06:35:40 ID:p2/XOxDA0
最強の派遣社員を作り出す 3分の1が契約終了で戻された経験をバネに

技術者派遣最大手であるメイテック。この会社は若い人材を育成するという意味で、業界でも定評のある会社だ。
国内の800社近い製造業大手に6000人の技術者を派遣してきたが、リーマンショック後の不況で一挙に3分の1が「契約終了」となり、
会社に戻ってきた。
ただ、同社の西本甲介社長は社員である派遣技術者をリストラなど考えず、逆に教育研修での能力アップに動いている。(略)

人材派遣ビジネスというのは、未来がある産業だと思っています。
なぜならば、うちでもパナソニックさんや、トヨタ自動車さんのような世界企業の開発現場で仕事をするような機会がたくさんあるのです。
それは技術者がプロとして成長するために非常に大きな財産になるのです。

3年ごとに企業を変わっていくケースが多いです。
その度に経験を積むことができるのです。それはうちの技術者の市場価値を高めることになります。
そして、最近喜ばしいことが起きています。60歳の定年退職者が出ていることと、“親子鷹”が誕生していることです。

 60歳まで開発の第一線で活躍し、技術者人生を全うできたのは幸せなことではないでしょうか。
親子鷹は、メイテックの男性社員の子供が3人入ってきてくれたことです。自分も父親のような技術者になりたいと思ってくれている。
メイテックが好きかどうかは別にして、プロのエンジニアとして人生を歩みたいと考えているのでしょう。

労働市場ではトランポリン型政策を
 ―― 西本さんは日本の労働市場について、どのようにすべきだと考えていますか。失業者もかなり出ていますが。

 重要なのはセーフティネット型だけでなく、トランポリン型の政策でしょう。セーフティネットでは落ちてくる人たちを救います。
しかし、落ちてきた人をトランポリンのように労働市場に力強く戻してやることが必要なのではないでしょうか。

 そのためには職業教育をいかに充実させるのか。ここでは公的な部門が中心ですが、民の役割も大きいのではないでしょうか。
民間企業の人材育成力を生かして、失業した人を訓練するような政策が重要だと思っています。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100610/214886/


5 :名無しさん@引く手あまた:2010/06/17(木) 00:39:31 ID:BjQ483ea0
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  また明日から割り箸と爪楊枝を梱包する仕事が始まるお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)