2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

生きてても、つまんない 死にたい

1 :おさかなくわえた名無しさん:2010/07/15(木) 04:31:36 ID:M+7IUF6u
リストカットなどの自傷行為経験がある高校2年生は男子の7%、
女子の12・5%(全国高等学校PTA連合会の06年意識調査)。
「死にたい」と思ったことがある小中学生は約4割(兵庫・生と死を考える会の04年調査)。

参加した50代の女性養護教諭は「現場での実感に近い数字。『死にたい』という生徒や自傷行為をする生徒は
確実に増えている」と言う。2年ほど前には、勤務校の生徒が睡眠薬を大量に飲んで自殺しようとした。
今も「死にたい」と言って繰り返しリストカットする生徒が在籍する。その対応の難しさを訴える。

文部科学省によると、08年度の児童生徒の自殺者は中学生36人、高校生100人(小学生はゼロ)。
過去20年間ほぼ横ばいで、減少の兆しは見えない。

文科省の有識者会議で次の課題として議論になっているのが、子どもたちに対しても教師同様に自殺予防
教育を行うべきかどうかだ。同省によると、米国には学校での自殺予防教育が必修になっている州があり、
フィンランドやニュージーランドでも一部で実施している。有識者会議は今年度、米国の先進例を視察する予定だが、
日本では自殺について話し合うことで、自殺願望がある子どもの背中を押してしまうのでは、という
「寝た子を起こす」論があり、慎重意見も根強い。

少しずつだが、自殺予防に取り組み始めた学校もある。埼玉県志木市の志木第二中学校は5月、
1年生を対象に、うつ病といじめを考える授業を行った。

同中が自殺予防教育を始めたのは08年。その2年前に着任した坂本徳雄校長の発案だ。
当時の学校は荒れていて、いじめも多く、不登校生徒が全体の1割近くに上った。「『うざい』『キモイ』『死ね』
『消えろ』の四つの言葉が日常化していた。女子生徒4人が連鎖的に『死にたい』と言い出したこともあった」と
坂本校長は言う。危機感から、自殺やうつ病などの実態を積極的に教え、「死にたい」と言う生徒が周りにいた時に
どう対応すれば良いのか教えることにした。完全にいじめがなくなったわけではないが、不登校はほぼゼロになったという。

http://mainichi.jp/life/today/news/20100703ddm013100123000c.htmlより抜粋

2 :おさかなくわえた名無しさん:2010/07/15(木) 04:41:36 ID:YmyPbJ65
2

3 :おさかなくわえた名無しさん:2010/07/15(木) 13:12:48 ID:+siPYOaY
百年以内には確実に死ねる。

4 :おさかなくわえた名無しさん:2010/07/19(月) 16:28:12 ID:iyl5OJsN
むしろ生まれる前に戻りたい
タイムマシンが出来ないと、死なずに消える事が出来ない



5 :おさかなくわえた名無しさん:2010/07/26(月) 07:46:42 ID:bUemltpe
生きる事はもともとつまらない事



3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)