2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

雑記、あと備忘録。日記にはならないなー

1 : ◆111/u9SwwA :2010/04/28(水) 08:01:08 0
柳の亀は堪えるばかり、祈るばかりで助からない
限界を感じ、そして気付く、この祈りはこの祈りを続けさせるため悪夢を呼び続けるぞ・・・
祈りを捨てよう、祈念の葬礼
ああ、まるで常世の誰彼、常夜の彼誰・・・魔人の春だ

そんな感じ。意味不明だねー、魔人になりたいねー
魔人?強い個人?時代逆行だなぁ・・・天邪鬼

支離滅裂いいんだよ、読ませるためのものじゃない

「個人用分裂文章」※糞も肥料にできるらしい

2 : ◆111/u9SwwA :2010/04/28(水) 08:02:09 0
『 彼は、生きる意味を知らなくても、何故生きているのかを知らなくても、生きるだけなら生きられる。
今まで生きていた。

しかしある時、生きる意味や理由を、今生きている事実から遡及的に創作し、それを神話として生き始めた。

彼は、神話の信憑性を高める為に、神話に忠実に生きる。
体現することでしか、その創作のリアリティは担保されないからだ。

彼は安定している。神話に生きれば生きるほど、事実になり、神と共生するからだ。
そして呪われた。生きているのは神話であって、彼は死んでいる。

彼は神話に生涯を捧げ、一歩一歩充足に生き、神話の中に死ぬ。 』


『 神話は、単なる創作ではなかったのか?(反語)
神話が、彼を超えたのはいつの頃からか?→神との共生が叶った頃から

彼の功績は、神話の功績か?→功績である。彼の人格は消えていた。
それは、神話抜きには達成されなかったのか?→最も早く達成されたのであれば、問題ではない。

神話無しに人は生きられないのか?(反語)
神話の功績は、彼の功績か?→彼を導いた神話の功績である。但し、彼でなくともよかった。

彼は、神話無しには生きてゆかれなくなると予感した。何故か?

→最早あなたは自由である。過去を捏造せず、世界に対して個人だ。
  あなたのポケットに神話は追加され、彼の犠牲よって自信を得た。
  個人の孤独は隣人により埋められ、仕事は趣味になる。神はいない。 』


『それは神話か?(反語)(あなたは呪われた、あーあ。)』

3 : ◆111/u9SwwA :2010/04/28(水) 08:08:25 0
んー、四月が終わる。春来たか今年?w
一年が雨期と乾期になったら寂しいな
なんで寂しいって四季の良さを未だ実感してことないからだ
今日は雨。
うーん

4 : ◆111/u9SwwA :2010/04/28(水) 08:12:08 0
桜・・・桜ちゃんと見てないなあ
庭にあればいいんだが、縁側と静かな環境と
引っ越したいなあ
お金。お金かー

5 : ◆111/u9SwwA :2010/04/28(水) 08:15:25 0
腰、腰が痛い
運動か・・・ヨガしようとかこの前考えてたけど、案の定めんどうでやってない
サイクリング?自転車買うのぉー?
でも肉体が限界迎えられても困るしね・・・うーん、楽しいのかなぁ・・・

6 : ◆111/u9SwwA :2010/04/28(水) 08:30:52 0
あーだめだw
スレ立てたもんだから何でもいいから書きたい衝動に駆られるw
無駄遣いはしないぞ・・・無駄遣いはしないぞ・・・(自虐w(自虐))

7 :夢見る名無しさん:2010/04/28(水) 08:33:06 0
どこかで会ったっけ?

8 : ◆111/u9SwwA :2010/04/28(水) 08:47:22 0
どこかって・・・この板?
無きにしも非ず、語る気は無し

9 : ◆111/u9SwwA :2010/04/29(木) 04:32:46 0
俺の中の偉大な創作者達はどこか何かに耐えているような顔をしている
前は、この顔は宿命の顔に見えて、憧れの感情もあったけど
今はただの病気自慢の顔にしか見えない
俺はこんな顔になりたくないかららしい

なんで呪われたような顔をしてるんだろう
いや、実際に呪われているから、あんなに顔面の全てを使って憂鬱を表現してるんだろうな
世界に呪われてたんだろうか。世界の呪いを発見するのに疲れたのかも知れない
しかもその呪いは、後から発見するばかりで、既に在るものばかり
となると創作は全部嘘。虚無感?
でも虚無ってのは、全ての思想がそのまま本物になるってことだ、真に虚無なら、純粋な勝負品になる
病気自慢だなぁ

10 : ◆111/u9SwwA :2010/04/29(木) 04:39:42 0
嗜好品が本人を強くするってのは少し面白いね
嗜好品を嗜好品足らしめる為には、少なくともその嗜好品を
大幅に超える本人でなくてはならない
という要求に、本人は答えなければならない

断定口調ってムカつくね

11 : ◆111/u9SwwA :2010/04/29(木) 04:55:37 0
寒い・・・寝よ

12 : ◆111/u9SwwA :2010/04/30(金) 01:57:49 0
神話は嘘だ
信じるものはなにもない・・・それでいいじゃないか
子どもの時、ベッドの中でお祈りしたアレは
確かに自己の成長を促すのに効果があったけど
でも嘘だったんだ
だからもう今更、偶像相手に拝んだり、恐れたりとか縋るとかなんてしたくない
本音を言えばしたいよそりゃ、自信がつくからね
俺のバックには神がいるんだぜー、だから目の前のことに集中しても平気なのさーと
んで、それを信仰しているという一点のお陰で、その一点以外のその人の内部全てを革新する事が可能になる
可能になる・・・のは、信仰以外のものが軽くなるからと言えるのかな
自分の、今までの手作業を唐突に唾棄する事が出来る。信仰以外に価値の重みがなくなるのかな
あー、生身の自分がいなくなるのか。否定される生の自分がいなくなる。
いや、本当はいるんだけど、それは信仰心以外の範疇に置いてある、それまでの自分の歴史だから
変革する時に、不要なものとされちゃうんだ
歴史を背負わなくていいとなると、肩の荷が下りる気分だね、寂しさも無くなるし

ああー

我々に神はいない、人間と、人間以外がある
疑わずして、ただ努めることはもうできない
絶えず背中を気にして、藪からナイフがこないか、幽霊の正体見たり幽霊だったなんて事態も想定しないといけない
もう近くしか見えなくなる。自分の過去に縛られる。
手の届く範囲しか、私の世界はなくなる。これは、すごく弱いんじゃないか。
どうすんの、それでいいじゃないかって、全然いくないわ

神無くして、神より強く
信じるものがない事に耐えるのに必死なだけじゃ殺される
何か、何かを捨てなくちゃなあ
恐怖か?恐怖をどう捨てる?いや、利用する?というか、それは神在る者に勝算が立つのか?(反語)
それとも考えない事か。神を考えないで、かつ余計な進歩をする論理なんてあるのか。気分?
感情?楽しそうな事になるから、とことんやってみようvs神の導きにより我々はただ努める
これは後者の方が精神的圧力が高いだろう。それだけ進行力もある。 どっしよ。

13 : ◆111/u9SwwA :2010/04/30(金) 02:07:44 0
待てよ
偶像がある人間の方が、ない人間より強いって思い込みの前提があるんじゃないか、俺には
はてさて?

14 : ◆111/u9SwwA :2010/05/02(日) 01:44:33 0
乗っかる

15 : ◆111/u9SwwA :2010/05/03(月) 03:53:34 0
オリジナルってのは時間的に先取したって意味か

16 : ◆111/u9SwwA :2010/05/03(月) 16:55:21 0
クソが・・・イライラするな・・・
こんなゲーム参加したくねえ

17 : ◆111/u9SwwA :2010/05/03(月) 16:58:43 0
奥歯のスルメも取れねーし殺っすぞ!!!!!!!!

18 : ◆111/u9SwwA :2010/05/04(火) 03:13:41 0
桜の花付きって近くで見ると意外にもくもくしてるんだな

19 : ◆111/u9SwwA :2010/05/04(火) 05:43:30 0
綺麗棒
忘れな棒
時間棒
あとなんだろう
取りあえず作ってみようかな、明日
 ○
 |
 |
 |||||   イメージ図
 :;:;:;:
===
・・・・・・
  ●

20 : ◆111/u9SwwA :2010/05/04(火) 05:45:53 0
感情で描くってイメージで描くってことか

21 : ◆111/u9SwwA :2010/05/04(火) 05:58:15 0
いっぽんぽーn

22 : ◆111/u9SwwA :2010/05/04(火) 06:54:17 0
怠けたい者が働き者になる
働きたい者が怠け者になる
永遠の一個に乗っかりたいものと
有限をしきつめた永続を維持したいものの神話の違い
で、現実で問題になるのは
この一つ一つの神話を
縦に拾い食いするという方法があって、しかも成功する時があること
じゃあこの方法を持つ者の神話は何か
外から全体を見ると、積み重なってぐじゃぐじゃに穢れて見える神話達に
乗っかる、一本の者。時間的に後者(最新者)が行った
最後の掬い上げじゃないのか。
ヒーローは最後に登場する。

でも、この最後に登場する、を最後に登場した、に固定しようとすると
永遠の一個を創る神話に入ってしまうし
じゃあ、最後に登場した、にさせない、を固定しようとすると
有限を永続にしきつめる神話に入ってしまう

この世はフラクタルな入れ子構造になっており、境界で埋め尽くされた穢れた世界である
これは前者か?(否反語)
只の後出しである。だから神話になれない、物語として閉じれないからだ
つまりこれは観客のこと?(否反語)

中心と周囲、に置き換えられるかも知れないけど、今日はここまで

23 : ◆111/u9SwwA :2010/05/04(火) 07:04:55 0
そうか、世界を神話で語ろうとしてるのに対して
「いいや、お前が無理に語る必要はない、語る前から既に世界はあるからだ
語れるか、語れないかの差は、語れるか、語れないかの差でしかなく
世界の事実はその技術と関係がない
必要なのは、で、その世界をどう上手く生きるのかという問題だ」
なのかな。
いやでも、どう上手く生きるのかを知るのに世界を知らなきゃいけない訳だから
結局神話の創造が先にくるんじゃないのか?(反語)
この語り口の前提には、神話の完成は在り得ない、という神話があるのかも知れない
何故そんな前提が?
多分、時間がキーワードになる気がするけど、今日はここまで

24 : ◆111/u9SwwA :2010/05/04(火) 07:17:25 0
そうか、神話の効能は世界を知ることじゃない
未来を先取りすることにあるんだ
世界の終わりを予定するから、強く戦争になる
世界の永続を約束するから、平和に弱くなる

「で、現実は?」(最新者の問い)

25 : ◆111/u9SwwA :2010/05/04(火) 07:22:03 0
「通じればよい」(永続の危機に戻る)

26 : ◆111/u9SwwA :2010/05/04(火) 07:24:28 0
フラクタルで入れ子構造か
解決は書き終えるこのが宿命の言葉じゃ無理かも知れないな

27 : ◆111/u9SwwA :2010/05/04(火) 07:27:05 0
忠実にしようとすればするほど、原典が持てない気がする

28 : ◆111/u9SwwA :2010/05/04(火) 07:38:04 0
実は女
虚は男、ね
はぁ

29 : ◆111/u9SwwA :2010/05/04(火) 07:41:40 0
つまりどれもこれも、紡ぎ出した一本の棒に過ぎない訳だ
じゃあ、その棒と棒を比べた時
やはりより強く大きい方が生きのこることは、正当なのではないか?それが期限付きの踏破だとしても

30 : ◆111/u9SwwA :2010/05/04(火) 07:45:37 0
大事なのは、その場とその周辺で上手く回っているのなら
その神話に余計な茶々入れないことかも知れない(嘘:係る「大事なのは」)

でも更に大きな神話から見たら、部分の神話など汚れに過ぎないのであった。選択洗濯

31 : ◆111/u9SwwA :2010/05/04(火) 07:56:19 0
でも何しろ、初めに自分の立ち位置を明確にしておくのは大事なんじゃないか
でないと、自分で筋の通らない言葉遣いをすることになりかねない。それは混乱を生む

32 :夢見る名無しさん:2010/05/04(火) 14:22:18 0
神話ってナンぞ?

33 : ◆111/u9SwwA :2010/05/04(火) 19:57:19 0
飯食ってうんこして寝る以外の精神様式の、意味の理由や理由の意味の信憑性を
実用に思わせる程度に上げる位には論理的説得力を持ってたり共感を呼ばせて
その人格を担保させ、方向性のある「活動を伴う精神様式」を履行させるお話(観念、思想、技術、世界観等々)

※成立年代は問わない

ああ・・・自分の中の定義もまだ漠然としてるから、神なんて字使ってます、判然としてない部分を丸ごとパックする為に。
なので普通使う時よりも神秘性が高いし、古代的かび臭さもないです。
僕が無知でなければ、神なんて字は含まないで表現してたかも知れません。分かりません

※↑も神話

34 : ◆111/u9SwwA :2010/05/04(火) 20:11:02 0
思想的エネルギー源っぽい

35 : ◆111/u9SwwA :2010/05/05(水) 06:14:04 0
帯に短し襷に長し
早く立場を明確にしないと

36 : ◆111/u9SwwA :2010/05/05(水) 12:16:37 0
部分だけを改竄すると手間かかる

37 : ◆111/u9SwwA :2010/05/05(水) 17:52:16 0
K氏の作品を見ると、極端な主観同士を突き合わせるのが得意なように思える
登場人物が二人いて、会話し始めたとしても、普通その二人の交流中にだけ作られる
共通の常識感というか、ルールというか、メタ的な同意や、自分の発言に対する相手側からした印象についてとかを
殆ど考慮しないで会話が交換されているように見える。
言葉が主観に入ってきた時、相手の意図を読むのではなく、自分の主観の内だけで解して反応する。
そう疑って読み返してみると、読者が「それは誤解だ」と口を挟みたい場面で殆どが構成されている。
そして、主観同士が孤立したままの状態にも関わらず、話は強引に展開していくので
二人で同意して創り上げたかの様な物語が出来ていく
でもこれは、事実話が進んでるのでそう見えるだけであって、二人が共有したのは、あくまでその時の体験を時間的に共有しただけで
何かの思惑や目的の通りに出来た結果ではない
同意なしに創り上げられた物語
なので、時たまに極端な現象も現れたりする。相手側の破滅の心配からくる、常識的なブレーキがないからだ
周囲を考慮していない。どいつもこいつも
もし二人が行動を協力しあう様に見える場面があっても、
それはあくまで各々の中のルールがその一部分においてのみ偶々被ったからなだけであり
お互いの為に譲歩した結果ではない。
全員が全員、誤解したままで話が進んでいるのだ。
どいつもこいつも、個々人の発言の意味を読み取ると、複数人の主観を合わせた全体ではまったくの支離滅裂で
ルールがない
話が終わっても、誤解は解かれないまま。だから不安なんだ
共同体的じゃない
今生きてるのが、偶然でしかないのだ

話が纏まらないから読み直そう

38 : ◆111/u9SwwA :2010/05/05(水) 17:57:01 0
自意識過剰に過ぎるのかな
感情を共有する事を考慮されていない
一言目で同意に至らなければそれでお終い
取りあえず自分を置いておいて、新たな(時限的なものも含む)価値観を創る気を一切見せない

39 : ◆111/u9SwwA :2010/05/05(水) 18:05:31 0
眠いし腰も痛いから休憩、寝る

40 : ◆111/u9SwwA :2010/05/06(木) 06:20:18 0
なんか怖いな・・・しかも悲しい
寂しい感じもする
全体的に寒い・・・

41 : ◆111/u9SwwA :2010/05/06(木) 06:34:16 0
得体の知れない者、と見てるのかな。登場人物が、別の登場人物のことを
子供が、知らない大人を見てる時のような感覚

42 : ◆111/u9SwwA :2010/05/06(木) 07:16:44 0
はぁ・・・心底つまんね

43 : ◆111/u9SwwA :2010/05/06(木) 08:28:41 0
思想的エネルギー?むしろ人格そものか

44 : ◆111/u9SwwA :2010/05/06(木) 08:34:21 0
人格なんてそもそも世界に対して後出しのものか
なんでそれが嫌に感じるんだろう

45 : ◆111/u9SwwA :2010/05/06(木) 09:54:38 0
そーか、大脈が無いんだ
予定調和がないだけなんだ
クライマックスとオチの、時間的配置ありきな創り方してないんだな
だからほの暗い、薄ぼんやりとした表示を採用してる
明確な表示をすると、明確な同意(予定調和)がさもあるかの様に見えてしまうから
とか言ってみたりね

46 : ◆111/u9SwwA :2010/05/06(木) 10:09:00 0
こんな人にページ数制限させたらどうなるんだろう
多目に作ったのを圧縮するだけかな

47 : ◆111/u9SwwA :2010/05/06(木) 23:15:43 0
くそ、意味わかんね、こいつ頭おかしいんじゃないか
寝る

48 : ◆111/u9SwwA :2010/05/07(金) 11:51:00 0
言葉に纏めた瞬間、それは一つの神話に過ぎず
纏めたことによって、そうではない空間が生まれる
でもこれはサイズの問題なんじゃないか
延々と物質(これも蓋を開けるとよくわからないものだけど)が時空を巡る様に
一つの神話で、巡る物質の時空を、余す事なく補える事もあるんじゃないか

これだと時空の時の字を補えてないね
精神がない わかんない

49 : ◆111/u9SwwA :2010/05/07(金) 11:54:22 0
つまんね
出かけよ

50 : ◆111/u9SwwA :2010/05/08(土) 00:36:01 0
『 ねえ、聞いて貴方。 あの優れた文学達についてなのだけれど

ああいうのはね、この世の苦しみや
人の絶望をわざと正確に選んで、書き起こしているものなの

だから、そんなものばかり見つめていたら、その内それから目を離せなくなって
そればかり見てしまうものだから、世界に幸福は無いと感じてしまうの

わかる?だから貴方がこれからするべきことはね
この世の楽しみや、希望をわざと正確に選んで、書き起こすことだと思うの

そうすれば、もしかしたら本当に本当の希望が見つかるんじゃないかしら
だって、絶望だって、初めから全て明らかだったのではないでしょう?

私はね、これをね、とても素晴らしい仕事だと思うのだけれど 貴方はどう思うかしらね。

やっぱり、苦しさこそが人の結論だという説得力には、負けてしまうのかしら。 』


『 何故、幸せより、不幸の方が人に力を与えるのか(自明) 』


『であるならば、貴方の初めの仕事は・・・(言葉に力がない、絶望の枠組みに既に嵌っているからだ)』

貴方の先に何を仮定するのか
キーワード「欠如」を用いずに、答えてみせろ

51 : ◆111/u9SwwA :2010/05/08(土) 00:39:50 0
キーワードっていうか、キー概念か

52 : ◆111/u9SwwA :2010/05/08(土) 00:40:37 0
まあ寝るけど

53 : ◆111/u9SwwA :2010/05/08(土) 08:46:19 0
成長って欠如感というか、頭の中で想定する未来の自分は
今の自分より大きいことを仮定するのが前提なんだから
やっぱ現時点の自分はそれより不幸であるって形になっちゃうよなぁ

54 : ◆111/u9SwwA :2010/05/08(土) 09:01:32 0
何か別に神話に人格を担保してもいい気がしてきた
なんかそれ以外無理っぽいし

55 : ◆111/u9SwwA :2010/05/08(土) 12:33:27 0
やたー
紅Hard霊符クリアああ

56 : ◆111/u9SwwA :2010/05/11(火) 22:22:30 0
わふー
紅Hard恋符クリアああ

57 : ◆111/u9SwwA :2010/05/11(火) 22:24:19 0
物事の経験順とか、時間的羅列?はその人の印象に凄く深く関わるな
当たり前だけど身になって納得出来てきた

58 : ◆111/u9SwwA :2010/05/12(水) 03:17:27 0
絶対者は後出しの卑怯者
よし、寝よう

59 : ◆111/u9SwwA :2010/05/13(木) 00:32:12 0
はわー
紅Hard夢符クリアああ

60 : ◆111/u9SwwA :2010/05/14(金) 10:29:56 0
下から見上げる場合は欠如感はとても大きいけど
自身を最上位に仮定して(「私は潜在的には絶対者」)上から下を見る場合はどうなんだろう
少なくとも欠如の感覚は肉的に一致しなくなるね
代わりのこの感情が上手く例えられないけど
とりあえず最上位への到達が決定事項になる訳だから
埋められない(かもしれない恐怖)差を感じないのだから、欠如感は乏しいと思うんだけど
そもそもの仮定にどれだけ信憑性を持たせるかは置いておいてね

61 : ◆111/u9SwwA :2010/05/19(水) 13:52:43 0
いつでもすぐ確かめられるように貼っておこう
ttp://qb6.2ch.net/_403/madakana.cgi

62 : ◆111/u9SwwA :2010/05/19(水) 19:39:15 0
うむ、紅Hard魔符クリア

63 : ◆111/u9SwwA :2010/05/20(木) 02:19:03 0
Lunatic難しすぎわたろう。
キチガイメイドめ、通常で2ボム持っていきやがる
ワンコンティニューが限界だあ

64 : ◆111/u9SwwA :2010/05/20(木) 02:55:25 0
役不足も確信犯は、役者不足と故意犯に簡単に脳内上書き出来るけど
すべからく〜は中々上書きできない。
多分、この誤用の時に伝えたかったニュアンスが、おしなべて〜で代替できないのが理由だと思う。
だからすべからく〜はすべからく新語と認めるべき!
つってね

65 : ◆111/u9SwwA :2010/05/20(木) 07:18:04 0
相対的って本当便利な言葉だな、嫌味でなく

66 : ◆111/u9SwwA :2010/05/20(木) 07:22:35 0
起業ってのは、人余りの問題を解決する苦肉の策なのか

67 : ◆111/u9SwwA :2010/05/20(木) 07:24:56 0
ある意味では国家に人が合わせるんでなくて、人に国家が合わせるのが本来なのかな
でも平和であることが前提の理想だよねこれ
程度問題は難しいなあ

68 : ◆111/u9SwwA :2010/05/20(木) 07:48:42 0
現状世界は、物質に対して精神はおしなべて義体だ
(物質の肉体は死後も土に還って延々廻るが、精神はその一時の肉体に存する)

俗に言う不老不死ってのはこれを逆転させて
精神に対して物質(肉体)はおしなべて義体の状態、だと言えそう
でも現状の精神は脳という物質の構造によって生まれてるもの、継続しているものな訳だ
例えばネットに思考(精神)の主体を置けるとして、肉体から移動する時、「昨日の私は今日の私だ」と
夜寝て朝起きる時と同程度に信憑性のある継続感を保つことは可能なのだろうか

で、これは一旦置いておくとして、今現在に
精神に対して物質がおしなべて義体な状態にあると言えるものって、何かないのかな
そのモチーフがヒントになるかも知れない

・・・おしなべてって使い方あってるのかこれ?

69 : ◆111/u9SwwA :2010/05/20(木) 21:23:05 0
あ〜
なーんもやる気しない
あー

70 : ◆111/u9SwwA :2010/05/25(火) 00:13:22 0
死にたい、生きたいってのは、心の叫びじゃなくて肉体の叫びなんじゃないのか
なんとなくだけど

71 : ◆111/u9SwwA :2010/05/25(火) 02:17:25 0
ここ、この場においての我々の知は、全ての者が覗く事ができる
全ての者は、好きなだけ好きな知を、この場に持ち寄ることができる
この場の者は、この場に集まる全ての知を、好きに扱い、好きに知的創造へ使うことができる
知的プライバシーの否定が、我々の理念である

72 : ◆111/u9SwwA :2010/05/25(火) 02:23:10 0
すげー
昨晩頃から、ごぉんごぉんとでっかい作業車通らして何やってんのかと思ったら
レールを削って、電車走行時の騒音を減らす仕事だったのか、あれは
こんな深夜に、数人の作業者とチリジリと火花散らしてゆっくり走ってくんだから、綺麗な話だ

73 : ◆111/u9SwwA :2010/05/25(火) 02:50:06 0
もう駄目だ
処世術を考えてるのか、真理を考えてるのか感分け付かなくなってきた
釈迦は悟った後に、どんな仕事をしたんだ
真理を述べ伝えるのは現実逃避だろう、言葉になった瞬間それはもう嘘だ
究極を知ったって、世間は究極で動いてない

74 : ◆111/u9SwwA :2010/05/25(火) 03:01:23 0
考えることも知ることも恐怖だ
自分の知を人格に賭けて、他人の知と殺し合って、それでどうしたっていうのさ
なんで死ななきゃいけんのさ、全部余計な事じゃないか
今まで人間の何が解決されたのさ
幸せは絶望を殺すことじゃない、絶望を知らないことだ
なんで不幸の研究をする
見つけた不幸はもう殺すしかない、殺すということは、もう幸せじゃない
不幸を殺した事を、もう覚えてしまったじゃないか、それは不幸じゃないか
初めに不幸を見つけた奴は、本当余計なことをしてくれた

75 : ◆111/u9SwwA :2010/05/25(火) 03:07:14 0
何が知的創造だよ、人類の繁栄がどうした
死にたくないのは肉体の勝手だろ
生きるのも死ぬのも精神の仕事じゃない
何が心だ、他者の死の反動でしかねえじゃんか
この時代の人が頑張って、次の時代の人がより多く生きて、それがどうしたってのさ
我々のお陰で、彼らが生まれたから、だから何なんだよ、それを繰り返してそれでどうするのさ
永遠に生きて、だから何なんだよ!!!宇宙を知って、それがどうしたんだ!!!

76 : ◆111/u9SwwA :2010/05/25(火) 03:09:08 0
何で知らなきゃいけないんだ
何でこんな欲求や、圧力があるんだ
人は好奇心で不幸になる・・・

77 : ◆111/u9SwwA :2010/05/25(火) 03:14:08 0
どうせ死ぬのに、死にたくない
暇に押しつぶされる、食い扶持が無くなる、刺激が無くなる
心が老いる、人に笑われる、他人に嫉妬する
暗い感情に裏打ちされてる癖に、綺麗な面して平気でいるなよ・・・

78 : ◆111/u9SwwA :2010/05/25(火) 03:17:25 0
でも平気でいないからって別に何か解決するわけでもねえ
狂ったところで救われない
精々人並みに合わせて、幸せを信じるしかねえ
正気でいられる間に、死ねることを信じるしかねえ

79 : ◆111/u9SwwA :2010/05/25(火) 03:18:47 0
死にたいと思ってるのと、死にたくないと思ってるのとは
やっぱり主体がどこか違う
この矛盾はどこから来るんだ・・・

80 : ◆111/u9SwwA :2010/05/25(火) 03:20:25 0
世界の支配に興味が湧かない
西洋人と大陸人は、頭がどうかしてるとしか思えない・・・

81 : ◆111/u9SwwA :2010/05/25(火) 03:28:27 0
そういえば、科学にしろ、華夷秩序にしろ、アメリカ合衆国にしろ
世界の知の集積所として機能する思想ってのは、随分便利だな

82 : ◆111/u9SwwA :2010/05/25(火) 03:40:34 0
権力の無いじじい共は、急に世界の秘密を露呈したがる
老い先短い身では、その秘密で自分が支配者になれないからだ

83 : ◆111/u9SwwA :2010/05/25(火) 03:44:42 0
自分の知を、世界のどこかにいるかもしれないもっともっと頭の良い奴に向けてパスをする
こういう姿勢が得意なのが、西洋人なんじゃないか

84 : ◆111/u9SwwA :2010/05/26(水) 03:08:52 0
ふへふへほへほっ おっへっほー

85 : ◆111/u9SwwA :2010/05/26(水) 03:10:42 0
長い目で見れば幻想、短い目で見れば現実

86 : ◆111/u9SwwA :2010/05/26(水) 03:33:16 0
飽きたああああ

87 : ◆111/u9SwwA :2010/05/26(水) 03:40:12 0
うっそ・・・親父が今の俺の歳の時に、兄貴が生まれたのか・・・

うっそ・・・



うっそ・・・

88 : ◆111/u9SwwA :2010/05/29(土) 02:49:43 0
糞が

89 : ◆111/u9SwwA :2010/05/31(月) 00:38:46 0
10代で読んでいないと恥ずかしい必読書


プラトン『国家』 アリストテレス『ニコマコス倫理学』 ショーペンハウアー『意志と表象としての世界』 
ヘーゲル『精神現象学』 デカルト『省察』 パスカル『パンセ』 ライプニッツ『単子論』 
カント『純粋理性批判』 キェルケゴール『死に至る病』 バーク『フランス革命の省察』 
ジェイムズ『宗教的経験の諸相』 ニーチェ『道徳の系譜』 ベーコン『ノヴム・オルガヌム』 
フッサール『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』 メルロ=ポンティ『知覚の現象学』 
ハイデッガー『存在と時間』 アーレント『精神の生活』 ヨナス『責任という原理』 
サルトル『存在と無』 ベルグソン『時間と自由』 ミンコフスキー『生きられる時間』 レヴィナス『全体性と無限』 
フロイト『快感原則の彼岸』 ドゥルーズ=ガタリ『アンチ・オイディプス』 
フォーダー『精神のモジュール形式』 ヤスパース『精神病理学総論』 エレンベルガー『無意識の発見』 
ラカン『精神分析の四基本概念』 フーコー『言葉と物』 ソシュール『一般言語学講義』  
ヴェイユ『重力と恩寵』 ディルタイ『精神科学序説』 ブーバー『我と汝・対話』 ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』 
ミンスキー『心の社会』 ライル『心の概念』 バタイユ『エロティシズム』 アガンベン『ホモ・サケル』 
ラッセル『西洋哲学史』


見かける度に日本人の著書も何か入れてやれよと思う
そこまでで一つのネタなんだろうけども

90 : ◆111/u9SwwA :2010/05/31(月) 00:39:31 0
ルソー『社会契約論』 スピノザ『エチカ』 ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』  
リップマン『世論』 オルテガ『大衆の反逆』 マンハイム『イデオロギーとユートピア』 フロム『自由からの逃走』 
ミルズ『パワーエリート』 リースマン『孤独な群衆』 パーソンズ『社会的行為の構造』 デュルケム『自殺論』 
イリイチ『シャドウ・ワーク』 M・ポランニー『暗黙知の次元』 バレーラ、マトゥラーナ『知恵の樹』 
ルーマン『社会システム理論』 ブルーム『アメリカン・マインドの終焉』 シオラン『歴史とユートピア』 
ハバーマス『晩期資本主義における正統化の諸問題』 ロールズ『正義論』 ブルデュー『ディスタンクシオン』 
オング『声の文化と文字の文化』 アドルノ&ホルクハイマー『啓蒙の弁証法』 フランシス・フクヤマ『歴史の終わり』 
サイード『オリエンタリズム』 ジジェク『イデオロギーの崇高な対象』 アンダーソン『想像の共同体』 
シンガー『実践の倫理』 マッキンタイア『美徳なき時代』 ホイジンガ『ホモ・ルーデンス』 カイヨワ『遊びと人間』 
フレイザー『金枝篇』 モース『社会学と人類学』 レヴィ=ストロース『悲しき熱帯』 ギアツ『文化の解釈学』 
キャンベル『千の顔をもつ英雄』 ブローデル『地中海』 ウォーラーステイン『近代世界システム』 
クラウゼヴィッツ『戦争論』 アダム・スミス『国富論』 ゾンバルト『恋愛と贅沢と資本主義』 
ベンタム『道徳と立法の原理序説』 ミル『自由論』 マルクス『資本論』 アルチュセール『資本論を読む』 
シュンペーター『経済発展の理論』 フリードマン『資本主義と自由』 ハイエク『法・立法・自由』 
ケインズ『雇用・利子および貨幣の一般理論』 ヴェブレン『有閑階級の理論』 ポランニー『大転換』 
ボードリヤール『消費社会の神話と構造』 セン『貧困と飢饉』 ベル『資本主義の文化的矛盾』 
ドラッカー『「経済人」の終わり』 サイモン『経営行動』 ギデンズ『近代とはいかなる時代か』

91 : ◆111/u9SwwA :2010/05/31(月) 00:40:14 0
ホワイトヘッド『過程と実在』 クリプキ『名指しと必然性』 ポパー『推測と反駁』 クーン『科学革命の構造』 
ラカトシュ『方法の擁護』 デイヴィドソン『真理と解釈』 パトナム『事実/価値二分法の崩壊』 
ベイトソン『精神の生態学』 ベンヤミン『パサージュ論』 デリダ『法の力』 リクール『時間と物語』 
ペンフィールド『脳と心の正体』 スローターダイク『シニカル理性批判』 シュミット『政治神学』 
ダール『ポリアーキー』 ヴァイツゼッカー『ゲシュタルトクライス』 チョムスキー『文法理論の諸相』 
ヴィゴツキー『思考と言語』 パノフスキー『イコノロジー研究』 ソンタグ『反解釈』 ウィルソン『生命の多様性』 
ドーキンス『利己的な遺伝子』 ギブソン『生態学的視覚論』 ケストラー『機械の中の幽霊』 
ラマチャンドラン『脳のなかの幽霊』 イーザー『行為としての読書』 イーグルトン『文学とは何か』 
ホフスタッター『ゲーデル、エッシャー、バッハ』 ド・マン『ロマン主義のレトリック』 ブランショ『文学空間』 
ガダマー『真理と方法』 ローティ『哲学と自然の鏡』 セラーズ『経験論と心の哲学』 レイコフ『認知意味論』 
ダマシオ『生存する脳』 クワイン『ことばと対象』 アウエルバッハ『ミメーシス』 ミード『西洋近代思想史』 
ネグリ『構成的権力』 クリステヴァ『詩的言語の革命』 ランシエール『不和あるいは了解なき了解』
クリシュナムルティ『生と覚醒のコメンタリー』 バルト『エクリチュールの零度』 マクルーハン『メディア論』
ボルツ『グーテンベルク銀河系の終焉』 キットラー『グラモフォン・フィルム・タイプライター』

92 : ◆111/u9SwwA :2010/05/31(月) 01:01:06 0
悪いものを掘り出してこれは悪いものだ!って指差すのはやっぱ違うよなあ

93 : ◆111/u9SwwA :2010/05/31(月) 01:09:35 0
苦労することが美しいとか、結局は盲目的になるしかないとかじゃなくて
裏打ちに暗いものが無い真理はないものか
無いなら、何故無いのか
無いなら、これからも無いものなのか

94 : ◆111/u9SwwA :2010/05/31(月) 01:19:16 0
一生懸命根掘り葉掘り洗練して、額に汗差し、純粋無垢の不幸を、これでもかと世界に対して見せびらかす
何が目的なんだ・・・

95 : ◆111/u9SwwA :2010/05/31(月) 01:22:28 0
不幸は一滴でもあると幸福を脅かすからか
逆に言えば、幸福は一滴の不幸でも混ざると真の幸福でなくなる
もう手遅れなのかな

96 : ◆111/u9SwwA :2010/05/31(月) 01:26:31 0
違うかな、不幸に目を奪われやすい性質が元々人間に備わっているのかも知れない
生まれたての赤ちゃんも泣くしね
未知からの衝撃が生まれたて一番の経験?
だから不幸が一番心惹かれるのかもね

97 : ◆111/u9SwwA :2010/05/31(月) 01:32:32 0
いや、真理を見つけることが不幸なのか?

98 : ◆111/u9SwwA :2010/05/31(月) 01:39:37 0
楽しい方へ、楽しい方へと流れて着く問題は、他人に殺される所か?
・・・というか、不幸を見つける事が実は楽しいことだったらどうしよう

99 : ◆111/u9SwwA :2010/05/31(月) 01:42:33 0
安易な精神でなぜ悪いんだろう
なんでそういう人に横から水を差すのが正義なんだ
最悪の絶望からも立ち上がる強い幸福を精製したいのか?
その幸福は、幸せなものなのか
自分で成ったことないから分からないね

100 : ◆111/u9SwwA :2010/05/31(月) 02:05:03 0
一から自分で考えなきゃ身に成らないのなら、他人への贈与は全て姑息な手段に過ぎないのか
過ぎたるは及ばざるが如しって、人を不幸に踏み潰した最悪の知見じゃないか
毎度毎度、生まれる度にリセットされて、そんなので真の幸福に間に合うのか
全てを網羅することも叶わず、知見の抓み食いも許されず、不幸は払拭されず、幸福は幻想に過ぎず
休むことは疎まれ、苦労は奨励され、個人は死に、歴史は定まらず
終わりは在るのに見えなくて、始まりに既に意味は無く
それでも惰性は耐え難く、衝撃は体に悪い
未だ知らぬものは知らず、細心の注意を払って不幸に飛び込み
幸福の為に心身を磨耗して
辿り着く虚無は人に笑われる
その場凌ぎの継ぎ接ぎの、嫌なものに目を瞑り、瞼に写る人の幸せよ
でも俺が笑う時はそんな時じゃない
俺が笑う時は、誰か人も笑ってる
それなのに何で、何がいけなくて、不幸なんて生まれてくるんだ

101 : ◆111/u9SwwA :2010/05/31(月) 02:12:04 0
もう少しまともな言葉で自分のセリフが言えないものかね

102 : ◆111/u9SwwA :2010/06/01(火) 03:56:42 0
           _,, -──- ....__ //`ー∠
       ,...."´:::::::::::::::__/_:::::::::ヽ!_/ヽ>
      ./:::::::::::::::::::::::::( / )::::::(@))__rイ
     〈::::::::::::::::::::::::::::::::゙゙/ ̄:::::ヽ(@@)i \
     ヽ,.'´ ̄` 7´  ̄ ̄ ´ ̄``ヽ::::::::;ヽ ヽ
      /    / /!      `ヽ  ヽ::/ヽ! ノ
      / //   { / { ト、 |  }ハ 、 ヽ|/
       |l{ { | ∧{ ヽ.{‐ヽト、ノ}ノハ   ! !
     lハハ lヽ{_,.. `  、.__   リ.ハl  | |
      | ハ. (ヒ_]     ヒ_ン ) !  l  | |
       ヽヘノ"" ,____,  ""  |  |  | l
      ハ {             }  }  j/
       ` ヽ            イ/ /  ,
         | >  __,,. イ リ' /  /
          イ { l_/ ´  ._.トレ
            | ||>  <|| / j
            トイ::☆ヽ./  :j
   ,-'⌒ヽ
   |    | _     _
  |    | /⌒ヽ /_ヽ  レ⌒`  ⌒7
  ヽ_ノ /─‐' ヽ_   |    (二Z

  r====、 r-i rt_ri   /7     r-t ri rァ
  {モ三三ヨ} コ |`コ 厶  厶{ {二二} ニニ >V<
 {. rァr'〒ニヲ !仁{ tァtァ }  | 仁,ニ,二} 三 { tァ }
  !ヒi.| >t<   コ | コ r'六  | | / / r┐rニt フ ハ {
 厶イ」<_ハ_> Lノ└ーー、j U廴二、_j└'┘V Lソ

  〜 The Legend of A Cool Browser 〜

103 : ◆111/u9SwwA :2010/06/01(火) 03:58:06 0
yabeeeee
保存したAAやらコピペやらなんやら
OS変えた時に消してしまったのに今気づいたあああああああああ

104 : ◆111/u9SwwA :2010/06/01(火) 04:15:05 0
まあいいか、一応過去ログは引き継いでるし・・・もう常駐してないし・・・

105 : ◆111/u9SwwA :2010/06/06(日) 02:35:13 0
蟻が蟻にとっての問題を認識して、また解決する時
その問題の本質理解も、解決手段の創造も、蟻の限界を超えることは無い様に
人間が自らについて認識できる問題のスケールも、解決手段の万能性も
人間の限界を超えることは無いんだろうと思う。
研究や趣味の為に、作られたケースの中で巣作りして生活する蟻は
いつか自分達が用無しになった時に、ケースごと有無を言わさず殲滅させられる危険を知覚する事は無いし
食べ物の安定確保の為に、農業を発見する事も無いだろう
人類も、ひょっとしたら知覚すら出来ない問題や、発見する事は有り得ない解決方法が存在するんだろう
だから、ある一つの理論体系も、人の脳の容量を超えるスケールは構築しようが無い
例えば1MBのHDDに1GBのデータは入れようがないのと同じ
人が何かを説明する時、その内容は脳に収まるスケール内に限るし、解決手段も自らで認識し得る範囲内でしかない
人知を超える発見は、本当に人知を超える存在にしか可能でないし
人知を超えるのだから、そもそも語ることや想像する事それ自体すら不可能である
ただ、ここで話が終わると
「へえ凄い発見だね、世紀の発見かも知れないよそれ。ただね、勘違いしないように言っておくけど
いかなる特別な何かを語ろうと、それを認識出来た時点で、それは人知を超えるものではない
つまり本当はもっと高い視点が存在するのだ。残念だったね。でもまあその発見は凄いと思うよ。まあ人の範囲内である訳だがね」
という無限後退染みた(この言葉についてちゃんとした知識はないのでニュアンスで使用)卑怯な印籠を生み出しただけで終わる
何がムカつくって、認識出来た以上、それは更にそれを超えるものの下でしかないよと
想像上の超越者の圧力を加え続けてくる所や、この超越者は時間的にいくらでも後出し出来る所が凄いムカつく
具合を悪くすると、この世の追求など意味がないのだ!つっちゃって、ゴミになる
昔はこの定式を、神に置き換えてたのかも知れないけど、今更この時代で、そんな見もしない、人の口先だけの存在を
頭の中に据えて、この恐怖を誤魔化し和らげるとか、そんな屈辱の中に安心するなんて耐えられない
この仮定だけの架空の超越者を踏み殺したい
つまり人は人のまま人の肉体を超えられると証明しなきゃならない訳だけど(多分)

106 : ◆111/u9SwwA :2010/06/06(日) 02:45:35 0
そういえば、超越者との対話をする西洋人がやたら進歩することに躊躇がないのは
内心超越者を超越してやりたいっていう野心があるからなのかしら

107 : ◆111/u9SwwA :2010/06/06(日) 02:47:08 0
いや西洋人って括りはどうかと思うけどさ

108 : ◆111/u9SwwA :2010/06/06(日) 03:04:39 0
知らないものはずっと知らない

109 : ◆111/u9SwwA :2010/06/06(日) 03:37:19 0
全称命題だってさ
こういう的を射った言葉が既にあるんだから、勉強しなきゃどうしようもないよね

110 : ◆111/u9SwwA :2010/06/06(日) 03:52:08 0
世界の全てを一人の脳に詰め込むのは不可能だけど
みんなの脳に分けて、人類全体で保有することは可能なのかな
脳味噌が部分別に役割を担って、それをまとめて脳になっている様に
個人個人で肉体の限界の知を担当しつつ、それらを人類全体でまとめて、世界全てを人類が保持すると。
まあ保持してるかどうかが個人では認識できない上に
仮にいつか保持したとしても、それを脳みたいに何か一つの志向に動かすことは出来ないだろうけど

もしくは、各々方、貴方達が得た知識を、全て○○という目的に向かうであろう方向に
各々方で投げ出して頂きたい、さすれば、我々には認識出来なくとも
人類全体で一つの志向を戴く事が、あるいは起きるかも知れません、起きているかは確認出来ませんけれども。とか?
センスないなあ

111 : ◆111/u9SwwA :2010/06/06(日) 03:54:11 0
いや、でも意識が無意識の全体を把握してないのと同じ様に
その都度都合のいい視点から人類を総括してコントロールする事は可能なのか
結局全知全能なんて無理だね

112 : ◆111/u9SwwA :2010/06/06(日) 04:06:27 0
何について勉強すればいいのかも分からない
というか、何について勉強すべきか分かるという事は、既にその事について熟知してるって事じゃないか
という事は何かについて勉強する時は、その勉強が役に立つかどうかは、およそ勘とか予想に過ぎない訳だけど
でもその精度の程度はまあまあ調整出来るんだからサボらないで勉強しなさいってこった

113 : ◆111/u9SwwA :2010/06/06(日) 04:09:53 0
寝よう、死にたくないのならば
そういえば、食事とか睡眠、運動、排泄等々
それらを最後にした時間から、次にそれらをまたしないと死んでしまうタイムリミットがカウントダウンされてるんだよね
そう考えると、自分の死ってのは随分予想できる範囲内に収まってる訳だけど
そんな回避可能な予想は有って無い様なもので突発的な死とか天寿は予想出来ないんだから
やっぱり自分の死がいつかなんてわからないんだよね、すごいだるい

114 : ◆111/u9SwwA :2010/06/06(日) 04:17:47 0
未だ知らぬものは知らず、知らないものはずっと知らない

115 : ◆111/u9SwwA :2010/06/06(日) 05:24:47 0
どう足掻こうとも、私達が認識できる世界は全てフラクタルな入れ子構造に収まってしまう。無限後退もまた然り。
つまり、私の思考がそれと同じ形を取るのであれば、認識可能な世界そのものを私は体現していると言える

私は世界の独立した一存在に過ぎないが、世界構造に綺麗に溶け込んでいるならば、私の内的世界は解放され
世界と同一し、世界と分離しない一部分となれる

ならない道と比べて、それはどの程度自分の将来を信頼出来る道であるか?

俺は、俺のこの肉体に存在している。精神でも、知性でも、知能でも、感情でも意識でも何でもいい、俺はこの肉体に存在している。
俺だけじゃない、人類は全て肉体に存在している。
精神が肉体をはみ出る事は有り得ない。
有り得ないのだから、俺はこの肉体と真摯に向き合うことにする。
肉を超越した精神の仮定など、今にとっては意味が無い。
何故なら、それを発見する時その瞬間までは、間違いなく肉に包まれた存在としてそれに対峙するからである。
だから、それに対峙するまでは、肉体を疎かにする事は間違っている。今、現に私が使える全ては、この肉体だけであるからだ。
順番を間違えては行けない、至高の道は飛び越せない。
肉体から超肉体に移行するその瞬間まで、最大にこの肉体を使わなければならない。

そして、この肉を持って世界と対峙する時、今はフラクタルな入れ子構造から逃れる事が出来ない。
出来ないのだから、俺はこの構造と真摯に向き合う事にする。
今はそれしか出来ないし、そう行動する事によって、今認識できる世界に於ける、私の将来を信頼する事が出来る。
新たな世界を発見する時は、この世界の身としてだからである。


116 : ◆111/u9SwwA :2010/06/06(日) 05:30:37 0

だから今は、肉体の精度を上げて、未来に取り組むべきである。
それは内に篭っている事ではない、肉体はもっと広いことが出来る。内と外の交通が出来る。

この交通の便を最適にする事が……つまり、五感の全てや、無意識や、何でもいい。
凡そ、今の肉体のまま可能であると思われる全ての事象に対して
いつでも私の内的思考が反応できる様に、私と外とを繋ぐ感性を最適な状態に置くこと。
(それは意識に集中する事だけでなく、いつ囁くか知れない無意識の言葉へのアンテナをも張って)

そうする事で、私は確実に世界と同化しつつ、新たな世界に、ひょっとしたら寿命の内に辿り着くのかも知れない。

今はそれしか出来ない。死後の世界に精神だけの世界があったとしても、その精神だけの時の最適な活動は
今の肉体の内の最適な活動とは別のものだ。
考えるだけ無駄である。

だからやはり、この肉を持って、この肉で認識出来る世界と同等の思想で以って
将来を生きるしかないのだ。そういう感じの穴だらけの神話。清潔に礼儀正しく生きるしかないね。
気持ち悪い文章だが
気分はいい

このレスは他者に感銘を与えないだろうし、与えないから共有もされないだろうが
私のこの拙い言葉は今、意味を理解出来るのは私だけだけど
故に世界の最たる思想家と同等の感銘を私に与える

これは他者と共有する言葉としては最低なものだけど
私に、ある感覚を再確認させるには、現時点で最適であるからだ

その内まあ、綺麗な文で深い洞察を感じさせる事が可能になるかも知れないが
とりあえず今は勉強不足もいいところなので出来ないのでした

117 : ◆111/u9SwwA :2010/06/06(日) 05:32:47 0
ふがふが
恥ずかしい

118 : ◆111/u9SwwA :2010/06/06(日) 05:35:13 0
朝だああ寝るぞおお

119 : ◆111/u9SwwA :2010/06/09(水) 01:47:38 0
理神論だってさ
はぁ、ぼんやり頭に浮かぶ感覚が既に言葉になってると知ると空しいね

全称するのは無理なのに、知らないと知らないままで自分の欠陥を埋められない
例えばネットそれ自体には、一人の人間よりずっと情報が羅網されているのに
ネットは言葉を発しないんだよな
知識と知識を結んで集積してるのに、集積されてる本体は喋ってくれない
結局誰か一人が、なるべく知恵を集めて、それからその人が、より理想的な理論を語る…
人一人の脳の物理的限界を、思想スケールは破れない
つまり、人類の総合を、人類は発現出来ない

現状そういう事態だから、知識を集める技術を高めるのは大事だけど、それより尚
それを勘定に入れつつ、しかし全称する必要の無い、要領の良いものの考え方を構築する方が、大事なんだな

統計学はそういうことも考えてるのかな?…言われるまでもなく当然考えてるんだろうな…

120 : ◆111/u9SwwA :2010/06/09(水) 01:50:21 0
いつの間に100超えてたのか…
次のスレタイには黒歴史って単語も含めとこう。忘れてなければ

121 : ◆111/u9SwwA :2010/06/09(水) 01:58:15 0
理性が何か考える時、その考え方や、感じ方には何らかのモチーフがある
論理は感情に先行しないって事を、説明してる言葉ってないのかな
明日探してみるか

122 : ◆111/u9SwwA :2010/06/10(木) 00:16:06 0
する、なる
真実性 する<なる
実効性 する>なる

123 : ◆111/u9SwwA :2010/06/10(木) 12:08:16 0
最新状況を知ろうとするだけでも、やたら時間がかかるなぁ
精細に追いつくだけでも、人生の過半を費やしそうだ
もっとこう、素人考えで、先端思想に食いつけないものかね
そういう方法論って既に検討されてるのかな

124 : ◆111/u9SwwA :2010/06/18(金) 02:19:36 0
        _,.... -─-r‐- 、 __
       /,シ/ィ /lj !ヽヽヽヽ\
     // / ///l|ハl | ヽ丶ヽヽヽ
    ,.'// 川 | | |l-ゝ! 、 ! | l l | l ヽ
    !イ //!j !l | l、ゝ==、` lj y'jヾjノ
     | !/,.- 、!|ヾ!` ヽヾ;;シ   ィ;}'´
    l ハ rソミ、    `''"  丶ヽ    
    ヽ!j,ヘ、ヽ,!   ""     _   j   
       ゞ彡ゝ、  u     /     
       | rヽ`フヽ     _____/
      ! lハYゝ,l     !
     j /∠ミヽ ヽ、_   ゝ- 、
      l/ l    ヽミΞ=-ニヽ_!lト、

   御前賀 夕菜[Omaega Yuuna] 

125 : ◆111/u9SwwA :2010/06/18(金) 02:29:45 0
またつまらぬ時間を過ごしてしまった

126 : ◆111/u9SwwA :2010/06/18(金) 02:32:34 0
┌──────────────────────────────────┐
│週間天気                         2010年6月17日 17時00分発表│
├────┬────┬────┬────┬────┬────┬────┤
│日付    │. 6月19日│. 6月20日│. 6月21日│. 6月22日│. 6月23日│. 6月24日│
│        │  (土)  │  (日)  │  (月)  │  (火)  │  (水)  │  (木)  │
├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤
│天気    │⊂⊃⌒>│⊂⊃⌒>│⊂⊃⌒>│⊂⊃⌒>│⊂⊃⌒>│⊂⊃⌒>│
│        │曇時々雨│曇時々雨│曇時々雨│曇時々雨│曇時々雨│曇時々雨│
├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤
│気温(℃)│   29   │   29   │   29   │   29   │   29   │   29   │
│        │   23   │   23   │   23   │   23   │   23   │   23   │
├────┼────┼────┼────┼────┼────┼────┤
│  降水  │   50   │   50   │   50   │   50   │   50   │   50   │
│確率(%)│        │        │        │        │        │        │
└────┴────┴────┴────┴────┴────┴────┘

素敵。

127 : ◆111/u9SwwA :2010/06/20(日) 18:08:30 0
金が俺の面倒を見てくれる訳じゃないんだな
俺が金の面倒を見るのが正しいだな・・・

128 : ◆111/u9SwwA :2010/06/20(日) 21:57:06 0
スポンサー様には逆らえない、絶対

129 : ◆111/u9SwwA :2010/06/24(木) 04:18:57 0
言葉の全能感に騙されていたのかも知れない

130 : ◆111/u9SwwA :2010/06/24(木) 17:13:15 0
      \| | | | | | |/             ト、      /!            \| | | | | | | | | /
      ≡     ≡         ト、ヘ! >へ、 _/ L/!         ≡       ≡
      ≡ :  選 ≡         | !/:::::::::::\ヽ/ /`7        ≡ 歴  こ ≡
      ≡ :  択 ≡        く!/::::::::::::::::::::::';__\//-‐ァ      ≡ 史  れ ≡
      ≡!   か ≡         r'"´:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::`";- 、'´     ≡ の  が ≡
      ≡     ≡       !:::::-‐::::[|::=:::|]:::_;;:::;;;__:::;':::::::::\.    ≡       ≡
      /| | | | | | |\         |ァ'"´ ̄`ァ‐-、´     `ヽ:::::::::/    /| | | | | | | | |\
                    /     /:::::::::::ヽ!   ',   ',::::/
                       / .,  /,.久::::::::::::!::::!_L___!  ', !'ヾ.
                  / ,' /゙丶、\::::/!:/_」__/_`  !   ',
                  ,' ,..','"//.゙ヽ、_ ゙\,´i´ `;`7!/!    i
                  / -‐'/'´;'´`i ヽ   ゙丶、_,ノ'i:!::|     |
                /   l..ハ! iソ_ノ  )     ゙丶:|  i |      産霊「ファーストピラミッド」
               //  / ヽ  ̄ ヽi_,. -‐------、  ヽ, 、.! |
             ,、/ i   _ -‐''', ̄   r‐-、   /ヽ-へ \ !
            / )  _/  |::!:::!>,、   ` ̄   /::::\  \ ヽ,、
          /  / ̄/  /!::::::|/ i`ヽ、___,,. イ::::::/、!\_ -‐''  \
         /\/__/   ./ |:::::::!  !__,. イ`!  |::::/  `''ヽ  \  \

131 : ◆111/u9SwwA :2010/06/24(木) 17:14:23 0
儚月抄wikiおもしれー
流れ速いから無視してたけど、こんな歴史が生まれるなら
茨牡丹スレはちゃんと見ておこう

132 : ◆111/u9SwwA :2010/06/24(木) 20:28:29 0
でも冷静に考えたらあの手のスレ住民の言葉使いが感染るのも嫌だから、ROMに止めておこうかしら
意地持の張り合いで精神を疲労させるなんて、体力の無い俺には自殺行為

133 : ◆111/u9SwwA :2010/06/24(木) 20:52:51 0
Googleリーダー導入
これで俺も情強の仲間入り
でも、何個かフィード出来ないサイトがあるのは何故だろ(弱)

134 : ◆111/u9SwwA :2010/06/25(金) 05:23:17 0
         __,,,,....,,,_    _
   ,.ヘ.__''"´  、    .ト`>)`ヽ
  く   \|-─< ̄ ̄八 ー'   ノ、 /\
   |\__./>-─''"´ ̄ ̄`' ー< ,ハ /]   _人人人人人人人人人人人人人_
 __ノ-‐へ/::::/:::::/|:::::::.!:::::,::::::::::::::\|‐ァ'    >  ブブブブオォォォン!!!  <
. |__/|::::,':::::/´|;;;;;/|::::/!::::|;;;;;|:::::::ヽ|     ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
  `!:::::::::::|::::|::::/‐r‐‐r└' !、」;;;;;!`|:::::|'
  |:::::::::::|:::::!/|、弋_,リ    |_lj |/:::::,'       ,、
  |:::::::::::|:::::⊂⊃     '  ⊂!;;;/、   _ ,,,/,'. ',   _人人人人人人人人人_
  |:::::::::::|:::::::::::|      ',=/^^)==ニ二_   l  l  > ブオォォォォォォ!! <
  |:::::::::::|:::::::::::ト 、.,   _/ ̄ く`ー-'、     ̄\', .,'    ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
  |:::::::::::|:::::::::::| ̄ ̄ ̄    /   |       `´
  |:::::::::∧:::::::::!       /  ノ

135 : ◆111/u9SwwA :2010/06/26(土) 15:54:14 0
話聞いたらはてなアンテネで十分だったっぽいな・・・まぁいいか

136 : ◆111/u9SwwA :2010/06/27(日) 03:55:59 0
俺は知っていることしか知らないし、知らないものは未だ知らない
覚えてるものしか覚えていないし、忘れているものは忘れている
俺は何を知っていて、何を覚えているのか

他人との真の共有は有り得ない、自分の精神はどこにも行かない

共鳴を、侵食や融合と誤認してはいけない
自分の心は、自分の体の中にしか存在しない
決して外へは行かないし、逃げることも出来ない

天は天、人は人、私は私、土は土
己を問い詰めれば、孤独に立ち返るのだ
天に逆らい、人を信じ、我に倣え、土に起て

流転する万物の、未だ熔けぬ一個の命
その万物に絶つ、現に敬意を
森羅に並ぶ木の一本、万象に分かつ行い一つ
その真の己にプライドを

万物を汚す全なる神に決別し、森羅万象の横暴な夢に覚醒せよ
最早如何なる王覇も私を惑わさないし
最早如何なる王覇も私は叶わない
先取りされた、未来の無常に悲しむ、その暗黒の不誠実を投げ捨てろ
有限の肉体と、共に有限の精神の一体にこそ、世界で唯一の誠実がある

未だ知らない死に惑わされるな、知っている生きた過去に正直であれ!
忘却の暗闇に怯え怪物を妄想するな、光明に思い出した現実に英雄であれ!

俺は何に生きていて、何を思い出せるのか
我が身の不正確さと、夢想だが通じ合う他人とに
ただ誠実に生きたい

137 : ◆111/u9SwwA :2010/06/28(月) 03:35:53 0
俺なんかは、生まれた理由なんて両親が中出ししたからに過ぎないから
自分がどう生きるか、どう死ぬかを自分で決めなきゃいけないという
凡人にはむつかしい命題に悩むことがある訳だけど

家柄の良い方々や、宗教的理念の明確な人らなんかは
この世に生まれた理由やどういう生き方をするか、なんてのが決まっている状態で
赤ん坊であったのかと思うと、ぞくぞくするね

これは覇道を好む文化ではむしろ歓迎するべき自体なのかも知れないけど(貴方はニュートラルな存在である)
既に安定した人生観がないと不安に感じる俺は、王道を好む文化に育ったのかも知れない
即ち之日本国のことね

天皇の権威は、未だ事実上不可侵(前例が無いだけだが)だものなあ
しかも文化的にも貴重だから、たんなる反骨心でこれを侵すことは、自らを貶める事にも繋がってしまうという

積み重なった歴史ってのは、ただそれだけで強い力なのですね

138 : ◆111/u9SwwA :2010/06/28(月) 03:37:27 0
×貴方はニュートラル
○世界はニュートラル

139 : ◆111/u9SwwA :2010/06/28(月) 03:51:01 0
「生きる理由がないから、死ぬ基準が定まらない」
一見正しい様に思ったけど
でも単に辛い状況にあるから死にたい、って人にはこの説得は効くだろうか?(反語)
いや
でもそれは、一定の基準の辛さを感じたら、死んでもいいと生き方を決めているんじゃないか?
ならその辛さの基準はどこからきたのか
それはそのまま、その人の人生で培ってきた精神の強さからだろう。(これ以上は、耐えられそうにない)
では、精神を強くする為にはどんな生き方であるべきか?

ここまで考えて、さて、そもそもそうまでして(掛かる:精神を強くする為にはどんな生き方であるべきかを考える)
故意に人が生けるように仕向ける、その理由はなんぞや?という疑問が浮かぶ

何故、自らを生きるように仕向けるか
何故って、そりゃ死ぬ理由がないからだろう

「なぜ?」

そりゃ、自分の生き方が決まってないのだから、死ぬ基準も決まらないだろう

140 : ◆111/u9SwwA :2010/06/28(月) 03:55:43 0
ふむ

神様が目の前に来て、指差し命令してくれたらいいのに
汝、社会の為に生きよ、その為に良い企業に就職せよ、その為によく遊びよく学べ

ところがどっこい、何も俺が社会の為に生きなくても、社会も世界も回るのよね
自由だなあ

141 : ◆111/u9SwwA :2010/06/28(月) 04:03:19 0
今自分は、思った以上に自由で、放っとかれてる。(いい国だ)
そんな状態の私は、何をしようか?
思想の無い私にはこれが思いつかないし、決められない。

だから自分で、自分の思想を創ろう

掛かる、>>2の問題

神話=人格=行動モチーフ(???)

一回、分解して考える必要があるな

142 : ◆111/u9SwwA :2010/06/28(月) 22:23:24 0
確証バイアス言われても困るわ

143 : ◆111/u9SwwA :2010/06/28(月) 22:24:24 0
精神は更地か
肉体は個性か

144 : ◆111/u9SwwA :2010/06/30(水) 03:44:07 0
日本負けたー
寝よう

145 : ◆111/u9SwwA :2010/07/01(木) 17:14:08 0
キチガイの所業はキチガイでしかないけど
それに対してじゃあこっちはどういう対応を取るかっていうのは
そのキチガイとは関係なく、こっち自身の問題になるんだな
そこで相手はキチガイだからといって一般的でない方法を取れば
返って自らを貶めることになる。相手の非常識を、自身に組み込む事になる。
キチガイから発せられる手段でなくて、己の内から発せられる手段で行わないと
起点の一歩を間違えると、ミイラになってしまう
よく気を付けていないと、流されてしょっちゅう間違えそう実際
あの人の一見自己中心的な素振りは、もしかしたらいざという時の為の訓練になってるのかも知れない
自分を正統に保つのは難しいんだな
忘れっぽい俺なんかは特に気をつけないとならないね

146 : ◆111/u9SwwA :2010/07/04(日) 03:58:53 0
森羅万象とか万物は流転するとか、そういう余計なものまで勘定に入れるから辛くなるんだよ
なんで余計かって、結局自分が持ってるのは、今のこの一個の肉体だけだからだよ
これしか持ってないんだから、実は前世も来世も関係ない

今の体の一部は、今朝食べたキャベツが含まれてるとか、今切った爪はさっきまで自分だったとかで
一々悲しまないだろ?悲しいか?
結局今あるこの肉体しか、自分は持って無いんだよ

流転する万物の、一旦の状態でしかないから何なんだよ
その前後も体験できない癖に、キャベツでも爪カスでもないのに、何に怯えるんだ
知りもしない癖に、怪物を想像して怖がってるだけじゃないのか
今生きてるこの肉体と、それと運命共にしてる精神しか知らないんだから
これを使って生きる以外に何がある
今目の前に見えるものに一喜一憂する以外に何がある
妄想に怯えて動けなくなってる奴は、傍から見てただの立ちんぼだぞ、身の回りの事物にもっと気を使えよ

147 : ◆111/u9SwwA :2010/07/04(日) 03:59:37 0
そのキャベツと爪カスになるから悲しいんだよ、バーカ!!www

148 : ◆111/u9SwwA :2010/07/04(日) 04:11:56 0
でも散々他の生き物を殺して生きてきたんだから、いつかごめんなさいして自分が死なないといけないよね(´・ω・`)

知るか馬鹿!食われるやつが悪いんだよ、何がいただきます感謝の心だよ糞が!
ごめんなさいされながら殺される豚の気持ちにもなれってんだこの糞キチガイが!
今更そんな一方的な倫理で、この世がまかり通るかってんだこの大呆けが!!!!!

今までもこうやって、殺して生きてきたんだ、それを永遠に願って何が悪い
悪いのは人間じゃない、こんなでしか生きられない人間を作ったのは人間じゃないからだ!
そうでしか生きられないのに、そうである事が罪?贖罪の為に寿命を受け入れろ?頭どうかしてんじゃねえの!?
好き好んで殺して食ってるとか、そういう問題じゃねえ、それしか手段を持っていないから、殺して食っている、それが問題なんだ!
それしか手段がないのに、それのどこが罪なんだ
だから俺が死ぬ道理は無い

でも死んでしまうんだ、この体は
理由が先にあるんじゃない
そういう状態が、先にあるんだ
だから、俺は死にたくない
理由はない
死にたくないと思ったんだ、初めに、いつの間にか
・・・なのに、死ぬんだ
だから、使うんだ、この体を、意地でも、好き勝手に、この時代で、この国で、この人間として・・・

149 : ◆111/u9SwwA :2010/07/04(日) 05:45:29 0
色々肩の荷が降りてきたな
飽きてきたのか、満足したのかはわからんけど

150 : ◆111/u9SwwA :2010/07/04(日) 05:48:04 0
手段と目的を混同するのはあれだけど
過程の無視と前提のすり替えは、あれ以前に無意味だと思う

151 : ◆111/u9SwwA :2010/07/04(日) 06:08:11 0
::::::::        ┌.────────────── ─┐
::::::::        |...フフフ…我ら南米ファイブに敵なし.. .│
:::::   ┌───└──────────v────┬┘
:::::   |  予選ごときでは準備運動にもならぬ     │
┌──└────────v──┬───────┘
| 我らの真の目的は優勝のみ .. │    ┌.──────────── ─┐
| この程度は造作もないわ    │    |  ウガーー!!ウガーー!!  |
└────v─────────┘    └──────v──────┬┴.───── ┐
  |ミ,  /  `ヽ /!    ,.──、               彡=-ミ三   ∧  ...|   ・・・    .│
  |彡/二Oニニ|ノ    /三三三!,       |!    .<ニ|◎゜◎.|ニ>、|_|ノヽ...└──v────┘
  `,' \、、_,|/-ャ    ト `=j r=レ     /ミ !彡      .| f=ヘ |  〈 .|_|、 〉   ●
T 爪| / / ̄|/´__,ャ  |`三三‐/     |`=、|,='|    ._\='/_ ゙´|.」 .ソ   _(_
/人 ヽ ミ='/|`:::::::/イ__ ト`ー く__,-,  、 _!_ /   r'^´7⌒`´⌒y^ヘ,./ /    ( ゚ω゚ )
/  `ー─'" |_,.イ、 | |/、   Y  /| | | j / ミ`┴'彡\/  ;__,,::' ,.., ,::' ,__; /     '    `
   ブラジル     アルゼンチン   ウルグアイ     チリ          パラグアイ
  3勝(1位)     3勝(1位)   2勝1分(1位)  2勝1敗(2位)    1勝2分(1位)

152 : ◆111/u9SwwA :2010/07/04(日) 06:08:54 0
決勝前
::::::::        ┌─────────────── ┐
::::::::        |   チリがやられたようだな…   │
:::::   ┌───└───────────v───┬┘
:::::   |フフフ…奴は南米ファイブの中でも最弱 …│
┌──└────────v──┬───────┘
| 1回戦ごときで消えるとは    │
| 南米の面汚しよ…       │
└────v─────────┘
  |ミ,  /  `ヽ /!    ,.──、
  |彡/二Oニニ|ノ    /三三三!,       |!
  `,' \、、_,|/-ャ    ト `=j r=レ     /ミ !彡      ●
T 爪| / / ̄|/´__,ャ  |`三三‐/     |`=、|,='|    _(_
/人 ヽ ミ='/|`:::::::/イ__ ト`ー く__,-,  、 _!_ /   ( ゚ω゚ )
/  `ー─'" |_,.イ、 | |/、   Y  /| | | j / ミ`┴'彡\ '    `
   ブラジル     アルゼンチン   ウルグアイ パラグアイ

153 : ◆111/u9SwwA :2010/07/04(日) 06:09:36 0
準決勝後
      ⊂⊃       ⊂⊃
  |ミ,  /  `ヽ /!    ,.──、
  |彡/二Oニニ|ノ    /三三三!,    ⊂⊃
  `,' \、、_,|/-ャ    ト `=j r=レ     ●
T 爪| / / ̄|/´__,ャ  |`三三‐/    _(_
/人 ヽ ミ='/|`:::::::/イ__ ト`ー く__, ( ゚ω゚ )
/  `ー─'" |_,.イ、 | |/、   Y  /| | | j '    `
   ブラジル     アルゼンチン    パラグアイ

┌──────────────
|     氏ねよおめーら      │     
└────v─────────┘
        |!
     /ミ !彡
     |`=、|,='|
      、 _!_ /
    / ミ`┴'彡\ 
     ウルグアイ

154 : ◆111/u9SwwA :2010/07/05(月) 02:23:36 0
国民道徳概説
メモ

155 : ◆111/u9SwwA :2010/07/05(月) 03:10:43 0
生きてる奴がいると生きる気が無くなる

156 : ◆111/u9SwwA :2010/07/05(月) 15:53:12 0
   ン ´ _φ冫         l        ,-φ ̄`ー- 、    今  お
  (,_/wwハ 調 新 朝 l/⌒ヘ    (, x-‐‐- x§ )   日  は
   |!| ゚ ヮ゚ハ べ. ビ.か lヾミ/ノ\   /μレiノ∨リiハ   も   よ
   川/ ヽ!リ る .ル.ら l    ヽ_j\,!i)(ヒi  ヒ) リ9}    い  う
   _/ ☆ l、ヽ_よ ド  l      \尸ゝ ワ_ _ィルi    い  オ  
   しl___|_エ´__を   l .     ゝ _ノヒニ_ノ (⌒ハ   天  ペ 
    l幵幵幵幵幵l    l         〈 ☆   ,ヘ⌒i   気  ラ 
 ̄ ̄ ̄ ̄¨¨~~)◎ (--─l.     ___ __)ー^ー‐{/ヘ/   だ      
.   ⊂二二⊃⌒´`   |  ,  ノ´ __,`ー-,「‐'_/ 
 _, |li:.(゚ω゚) |       l  _/´    `ヽ (((rヘ ` ー-
(チ .`ー--- ‐'  ラ    l/         `ヽ__....,,/.. 
 ` ーャー---―''      l     ゙        / //
 ̄ ̄ ¨¨¨ー─‐‐--- ,,,.__l __ ______ヽ___,/__/ _‖_________
:::::::::::::.. ,ァ―-- 、    お l    /...::::::::::::::::::::.((‖)):::(@))_rン
::::::: r'" x-‐φ、 ) 答 や l    〈....:::::::::::::::::::::::::.゙‖´::ヽ(@@)ヽ
::::.. ヘ§ノルi∨リハ え す l .   ヽ,.'´ ̄` 7´  ̄ ´ ̄``ヽ:::;ヽリ
::::.  (9iリ-‐ 'ー{l   の み l     / { { /! 」 ハ ト、 |`}ハ 、iヽl/  モパ
:::::. ノ)_ゝ゚ ‐,ノリ  な オ l.    i //{ { l_,.!/ ∨ 、!__ハノ}ノ| i リ  グク
    lr‐、)ヘ_アrー、  い ペ l     l{ { i) イ(ヒ_]    ヒ_ン),ヘリ l l   モパ
   /_,/l  ,☆〉ィ. 毎 .ラ l.    ハl { ι"゚     U"" ! } リ   グク
  ./ / )ー个'} |_,l .日    l .ini  | iヘi人. U  -‐( u 人/j.リ />
/щリ¨‐`i、_Л|.| :   l  ini  iルi'´>。゚_ __, ,゚ ィト.レ r//,__
   ` ヽ__  `-{!l,!  :    l    ノ'ー-、,ィヘ‐ュ|li ̄ ̄ ̄|  /⊂´`v .〉
       `ヽ_ } :    l     { (  〈 _`=ァ|lli:.(゚ω゚).j/,ィ{ 辷_,ノ ノ


157 : ◆111/u9SwwA :2010/07/05(月) 19:20:21 0
94 名前: ハイギョ(長野県)[sage] 投稿日:2010/07/05(月) 18:07:24.55 ID:9zsE8xLA [1/2]
フォントの変更が反映されないんだが俺だけかな?

95 名前: マアジ(茨城県)[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:10:43.57 ID:BC79u5mS [1/2]
>>94
urlバーに
font:MS PGothic
みたいに使いたいフォント名入れてエンターキーをカチャカチャカチャターンすれ

97 名前: ハイギョ(長野県)[sage] 投稿日:2010/07/05(月) 18:25:38.37 ID:9zsE8xLA [2/2]
>>95
おお、試してみるわ。ありがd

98 名前: マアジ(茨城県)[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:32:01.56 ID:BC79u5mS [2/2]
まあ嘘なんですけどね
Operaなら出来そうな気がするよね、期待に応えてくれそうな
何かやってくれそうなそんな気にさせてくれるブラウザ。Opera

  r====、 r-i rt_ri   /7     r-t ri rァ             ,-'⌒ヽ
  {モ三三ヨ} コ |`コ 厶  厶{ {二二} ニニ >V<  The Legend of  |    | _     _
 {. rァr'〒ニヲ !仁{ tァtァ }  | 仁,ニ,二} 三 { tァ }            |    | /⌒ヽ /_ヽ  レ⌒`  ⌒7
  !ヒi.| >t<   コ | コ r'六  | | / / r┐rニt フ ハ {  A Cool Browser ヽ_ノ /─‐' ヽ_   |    (二Z
 厶イ」<_ハ_> Lノ└ーー、j U廴二、_j└'┘V Lソ

158 : ◆111/u9SwwA :2010/07/06(火) 01:24:54 0
価値あるものを選択するには、価値あるものを見抜けないといけない
価値あるものを見抜けるという事は、既に価値あるもの選択できるということだ
鶏卵

何しろ、何が価値あるものかどうかを判断するのには、基準が無くてはいけない
基準、それが己の理想の生き方のことなのだろうか
そうだとして、では、それが理想的であると言える、選択できる基準は?理想を見抜ける基準は?

・・・悪への抵抗?では悪の基準は?

結局自分の感性に従うしかないのだろうか
そんなものを根拠にしていいのだろうか

159 : ◆111/u9SwwA :2010/07/06(火) 01:37:42 0
ああ、だから価値観は多様だ
多様だが、人は孤立することは極めて困難だ。リスクが、事実高い
逆から言えば、一人で生きるより二人で生きる方が尚安全であるということ
ということは、共同体の構成人数の程度問題なのだろうか

人類を俯瞰し、実際に導く存在は未だいない
だが、人類が想像してきたその存在からの視点、これには一定以上の価値や、理はあるだろう
何故か
より、人類にとって普遍的であるからだ

しかし、その普遍はあくまで普遍的的に過ぎず、真の普遍ではなかろう
だから選択をする、だから迷う

俺達は今現在、将来の普遍的真実に向けてギャンブルをしなければいけない状況なのだ
これは未来の人類からすると単なる過程だが
俺達はその過程に生きている

私の命を、何に賭けるのか
何に使うのか

生きている内には結果を知れない、絶望的な(真の形での)賭博に参加させられる
私という一人の価値は・・・

160 : ◆111/u9SwwA :2010/07/06(火) 02:07:46 0
自分が理解できないものこそ耳を傾ける必要がある
そこが自分の限界値の境界だから
ただ、知ったところで時間の無駄であったなんて事もしょっちゅうあろう
ましてや、善なるものと思えるものだけですら
全てを網羅する時間を、寿命という極めてシビアな枷により、人間は持ち合わせていない

人生のどこかで、己の感性に自信を持つ時点がなければいけない
ただし、それが正しいとは限らない

こういう視点から見ると、この世はなにも保証されていないのだ
だが、既にある価値観に乗っかることは出来る
その乗るべき価値観の土台を、より頑丈にするものは何か
それが歴史じゃないだろうか

時の積み重ねは、ただそれだけで人一人分の価値より重みがある。大いにある
それが数多の寿命の積み重ねであるからだ

ひょっとすると、個人ベースの価値観など
その歴史からすれば周囲に広がる、無残な有象無象なのかも知れない

問題は、その有象無象も一人の人間であり
どの時代のどの人間も、一人の人間分の現在しか生きていない=歴史的に正しかろうが間違っていようが、死ねば最後である。ということだ
これが引っかかる
どうしても、引っかかる

結局、一個の人間から見れば(人はおしなべて一個の人間である)どれも大差ないのではなかろうか。

161 : ◆111/u9SwwA :2010/07/06(火) 02:09:59 0
世間を 憂しとやさしと 思へども
飛び立ちかねつ 鳥にしあらねば

162 : ◆111/u9SwwA :2010/07/06(火) 02:11:21 0
いや、これは貧困に関しての歌だけどね

そうか、まあ
取りあえず食い扶持だよな、食い扶持
これが重要なのは間違ってない

163 : ◆111/u9SwwA :2010/07/06(火) 02:15:56 0
食うこと、食うこと。そうだ。
衣食住は本物だ
これは嘘を吐かない(衣と住はところに拠るか?)
自分の生活だな、生活
それが先ず最初にあって
それから先は飾りに過ぎなかろう

164 : ◆111/u9SwwA :2010/07/06(火) 18:33:01 0
その人の本筋とは、その肉体の所作のこと、つまりそれを定める精神の所作のこと
これに関する優劣は泥沼に陥るが
それが明らかかどうかは、誰にでも判明できる
大方の不安は、この明らかなるか否かで拭われる類のものであると見受けられる

そしてその所作は、初め人は持っていない
赤ん坊を思い起こせば当然のこと
ただ、この赤ん坊の頃をまで勘定に入れだすとどうか
これも泥沼に陥るだろう
過去の切除が否定されてしまう

赤ん坊の論理をそのまま成長させても、それは子供であるという呪縛から逃れられない
一度どこかでリセットし、再構成しなければならない
それからが大人だ。大人は明らかになることが条件なのだ
だだしこれは子供との優劣とは別の問題
自然と人工の問題(ただしこれも俯瞰する位置から定義が反転する)

165 : ◆111/u9SwwA :2010/07/06(火) 21:38:59 0
思想はいっぱいあっても、体は一つしかないし
一日は24時間しかない

166 : ◆111/u9SwwA :2010/07/07(水) 05:34:10 0
てす

167 : ◆111/u9SwwA :2010/07/07(水) 05:40:38 0
 +.   .                     ..  +   ..:.  .  .  ..   :.  .  .      ..  
     |ミ,  /  `ヽ /!    ,.──、  +     .  +..    彡=-ミ三   ∧  +.   .
     |彡/二Oニニ|ノ    /三三三!,       |!    .<ニ|◎゜◎.|ニ>、|_|ノヽ     +
+    `,' \、、_,|/-ャ    ト `=j r=レ     /ミ !彡      .| f=ヘ |  〈 .|_|、 〉  ●
   T 爪| / / ̄|/´__,ャ  |`三三‐/     |`=、|,='|    ._\='/_ ゙´|.」 .ソ _(_    ..:
   /人 ヽ ミ='/|`:::::::/イ__ ト`ー く__,-,  、 _!_ /   r'^´7⌒`´⌒y^ヘ,./ /  ( ゚ω゚ )
   /  `ー─'" |_,.イ、 | |/、   Y  /| | | j / ミ`┴'彡\/  ;__,,::' ,.., ,::' ,__; /   '    `
      ブラジル     +   アルゼンチン   :. ウルグアイ....  +   チリ ..:. .  ..  ..:. パラグアイ .  +....
              ____
              |    |`!
              | .南 . | |
              | .米 . | |
              |    | |
           _i二二二二iュ_
          i,,_,, ..,,,,, .. ...,,,|_,,!、
     _,_,,..‐''"゙´""''"● "";: ;:; ;;:ヽ,、
 ‐''"゙´    "" "".  (""" . ",, ""/;
" ,,,   """ ,,,  "   ,, ," "" "" /:;;
    ""   ""  "  "",, ""/;;;::;;                 ┼ヽ  -|r‐、. レ |
""  ,,. " ,, ,,  " ,,   " ""/;;;::::::;              d⌒) ./| _ノ  __ノ

168 : ◆111/u9SwwA :2010/07/07(水) 05:44:22 0
         __,,,,....,,,_    _
   ,.ヘ.__''"´  、    .ト`>)`ヽ
  く   \|-─< ̄ ̄八 ー'   ノ、 /\
   |\__./>-─''"´ ̄ ̄`' ー< ,ハ /]  
  __ノ-‐へ/::::/:::::/|:::::::.!:::::,::::::::::::::\|‐ァ'   
. |__/|::::,':::::/´|;;;;;/|::::/!::::|;;;;;|:::::::ヽ|    
  `!:::::::::::|::::|::::/‐r‐‐r└' !、」;;;;;!`|:::::|'
   |:::::::::::|:::::!/|、弋_,リ    |_lj |/:::::,'       ,、
   |:::::::::::|:::::⊂⊃     '  ⊂!;;;/、   _ ,,,/,'. ',  
   |:::::::::::|:::::::::::|      ',=/^^)==ニ二_   l  l フスー   
   |:::::::::::|:::::::::::ト 、.,   _/ ̄ く`ー-'、     ̄\', .,' 
  |:::::::::::|:::::::::::| ̄ ̄ ̄    /   |       `´
  |:::::::::∧:::::::::!       /  ノ

169 : ◆111/u9SwwA :2010/07/08(木) 00:28:20 0
足るを知るにも基準が必要

170 : ◆111/u9SwwA :2010/07/10(土) 06:05:15 0
その時々の公的英雄に権力の玉が転がるように

171 : ◆111/u9SwwA :2010/07/10(土) 15:58:33 0
独立と孤立
立てればいいのか
いいんだろうな
立てないよりはずっといい
疲れるわけだ

172 : ◆111/u9SwwA :2010/07/10(土) 16:08:53 0
悪いところや暗いところを掘り返すだけじゃだめ
掃われない悪徳と共に生きる
善意に傾倒せよ
連帯に勤しめ
ただし救いは

173 : ◆111/u9SwwA :2010/07/12(月) 02:01:49 0
現在が解らないのに、過去が解る訳がない
現在も過去も、世界の情報量は人一人分に収まるスケールではないから
未来については尚一層不明瞭で
語る気力はいつだって人に足りない
明瞭簡潔な言葉には注意しよう
引き換えに切除された世界が必ずある
だがしかし
人は皆体一つで生きている
解決不可能な、人と世界のこの量差
だから人は別れる、世界が分かられている
これを、ハード的観点から克服すること無しに
無理強いに解決することは
単なる姑息である
姑息であるが、人一人分
己を救うには
足りない事もない・・・

174 : ◆111/u9SwwA :2010/07/12(月) 02:07:51 0
※中西当確の一時間前

290 名前: モンガラドオシ(神奈川県)[] 投稿日:2010/07/11(日) 22:48:25.45 ID:io4BlgeE [2/3]
神奈川の開票作業は大体西から順番に結果が出るんだよ。
横浜市の分はいつも最後。前回の衆院選では何かミスもあったから特に今回は慎重なはず。

厚木や平塚あたりの住民層を見れば民主党が優勢になるのは仕方がない。
湘南地域を含め、そういう輩が多く住んでいるからね。それが現時点の結果だよ。

だが、我々横浜地域を甘く見ないでもらいたい。湘南と横浜は同じ神奈川でもレベルが違う。
まして、中西は前回の横浜市長選でそれなりに善戦した。横浜市民はそれを忘れてはいない。

必ず盛り返すだろうさ。まあ、黙って見ていろや。( ´ー`)

175 : ◆111/u9SwwA :2010/07/12(月) 02:08:52 0
俺の一票がちゃんと生きて良かった良かった

176 : ◆111/u9SwwA :2010/07/12(月) 02:34:17 0
我が日の本は島国よ 朝日輝う海に
連なり側立つ島々なれば
あらゆる国より船こそ通え

されば港の 数多かれど
この横浜に 勝るあらめや
むかし思えば とまやの煙
ちらりほらりと たてりしところ

今は百舟百千舟
泊るところぞ見よや
果てなく栄えてゆくらん御世を
飾る宝もいりくる港

http://www.youtube.com/watch?v=nt0JwvsUWIo
うむ

177 : ◆111/u9SwwA :2010/07/12(月) 19:23:26 0
自我
内面

178 : ◆111/u9SwwA :2010/07/12(月) 20:51:10 0
自分の体験しか語っちゃいけないってのは、強引過ぎると思う
只でさえ取捨選択しなきゃいけないのに、一生は有限なのに
若しくは、つまり理想の生き方は一生が有限である限り、一つには纏まらないって事なのか
そうか。そうかも。
それなら他人の贈与では根本的に不十分ってのも、許容できる
千年の歴史の集大成ではなく
千年の歴史の上澄みを飲んだ、その場限りの理想人生
うー、でもこれだと、自意識の塊な気もするがどうなんだろう
いや、そもそも人は自己しか持ってないはず
自然と自分の間に、他人が挟んであるかないか、それだけの違いじゃないか
ただ、他人を挟むからには、バイアスが掛かってることは忘れるなと
そんな事言ったら、歴史なんて全部他人の受け売りなんだが
なら歴史や文化、人一生分より長いものは、個人とは元々別の存在ってことか
あれはああいう、時間の長い存在を作るという一つの試みに過ぎないと
ああ、そうなると、人に伝える時に明瞭簡潔であれってのは、余計な齟齬を回避するのには最もな方法だね
代わりに何かが切除されていようとも
そこは問題じゃないんだ、只時間的に繋がっていれば良し。そういう存在。
みんなが、一体何に合意してるのか、それに注意しないといけないね
んで、しかし自分というものは、それとは別の存在であると。いつだって個人であると
則天去私は格好いいけど不可能ですよと
寂しい話ですね。凄く寂しい
人が恋しくなる。せめて隣の人とは繋がりたくなる
世界神とか、国家とか、カテゴリー人類とか、こんな概念を先に知らしめられたせいで
叶わない期待を抱かされたせいで、酷くがっかりしてしまう
順番を間違えたんだろうなあ
世界で始めて大規模な共同体を気付いた人の高揚感が羨ましい
どうも今自身の所有現実ってのは、いつも想定しているより、足りない事が多くて
一々絶望させられる
今日のご飯があれば、足りるって事にすればいいのか
そういう後付の姑息に、逃げるしかないもんかね
寂しいね

179 : ◆111/u9SwwA :2010/07/12(月) 20:57:48 0
何しろ事は程度問題か
自分の手足の届く所、目の利くところ、鼻の利くところ、耳の聞くところ
その射程感覚の精度に、なるべく狂いの無い様にしようと
はぁ

180 : ◆111/u9SwwA :2010/07/12(月) 21:08:49 0
赤ん坊は空っぽだ
それに何を詰めて、何に成るか
世界と比較した、人スケールの小ささに気付いても
それでもせめて、人一人分としては見栄えの良くなるように
森羅万象分の一として居ながらも、誇りの持てているように
そんな意地の下、だからせめて隣人とは仲良く居られますように
そんな感じの願いを持って
いつ地に伏せるかも解らぬままに、必ず倒れる事を覚悟しながら
覚悟した故に、無意味な起立と歩行に、ただ起立と歩行が出来る今に、ただ起立と歩行しか知らぬ今の、この今に
感動を集中させて
余計な天の重圧に怯える事ない
人一人分の範囲の中で
幸せに生きて行けますように

181 : ◆111/u9SwwA :2010/07/12(月) 21:14:42 0
しかしこんな考えに重点を置くと
国家も歴史も、大体の人類文化も
ただのおもちゃになってしまうな
それでいいんだろうか
もしかしたら、せめてそんなおもちゃを創り出せる事が
実はやっぱり偉大な事なんじゃなかろうか

182 : ◆111/u9SwwA :2010/07/12(月) 21:16:36 0
みんな他人の上澄みで生きてるんじゃなかろうか

183 : ◆111/u9SwwA :2010/07/12(月) 21:26:17 0
本来人に生き方なんて無かったんだな
神話が人だったんだ、神話に使われてたんじゃない、それしか元々無かったんだ
どこまでいっても、どんだけ改変しても、ほんの一瞬だけ自由時間があったなら
そこが神話なんだ
無こそが神話、空こそが神話
無意識から意識になるその閾値から先は、全て神話
神話は人間だったんだ
余計時間が神話
そりゃ、どう足掻いても抜け出せない筈だわな

184 : ◆111/u9SwwA :2010/07/12(月) 21:41:16 0
その夢は、自分の肉体範囲なのかどうか
それを超えるなら、その手段に間違いはないのか

185 : ◆111/u9SwwA :2010/07/13(火) 01:44:50 0
人に先に正しいことを言われると腹立つわー
先に言われちゃうと、それをやってもただの真似事になってしまう
自分で気付いたんじゃないように見える、思える
邪魔すんなやー

186 : ◆111/u9SwwA :2010/07/13(火) 01:51:56 0
利用されている訳じゃない
分をわきまえてるだけだ

187 : ◆111/u9SwwA :2010/07/14(水) 04:24:42 0
http://www.youtube.com/watch?v=MswHKA4dako
http://www.youtube.com/watch?v=13sUFuEvwxM

おやすみ俺

188 : ◆111/u9SwwA :2010/07/16(金) 04:52:22 0
東方素材集とか、すげー
よく解析するわこんなん

189 : ◆111/u9SwwA :2010/07/17(土) 02:01:40 0
肉体起動劇薬の思想点
永遠の玉コレクション
活源精神薬

190 : ◆111/u9SwwA :2010/07/17(土) 02:03:00 0
生きよう
おやすみ

191 : ◆111/u9SwwA :2010/07/17(土) 16:00:55 0
社会「働けクズ」                 ←建前
僕「じゃあ働く」                  ←嘘
企業「クズは働かせません」          ←本心
僕「じゃあ死ぬ」                  ←嘘
社会「自殺はやめよう」              ←建前
僕「じゃあ死なない」                ←本心
社会「でもクズって生きてる価値ないよ」   ←本心
僕「もう死ぬ」                    ←嘘
両親「お願い死なないでちゃんと働いて」   ←本心
僕「じゃあ働く」                   ←嘘
企業「クズは働かせません」          ←本心

192 : ◆111/u9SwwA :2010/07/17(土) 16:05:28 0
しょうがないね

193 : ◆111/u9SwwA :2010/07/18(日) 06:15:15 0
科学は分かった事しか分かったと言わない
誰でも再現出来る事しか認知しない
射程の内と外の教会をはっきりさせている
なので複雑過ぎる事は科学の手に負えない(負わない)
例えば未来を語る占い
更に過去をも語る宗教
これらはレポート用紙には収まらない(レポート用紙1億枚の成果は役に立たない)(人の寿命一個分より多い情報は使いようがない)
言葉で言い切るにはスケールが大きすぎて、実用性が無くなるのだ
だからそういう問題は、信じるか信じないかの信仰の問題になる
ただし、問題にはなるが、未来は嫌でも勝手に来る
信じるか信じないかを決めるのに立ち止まってても、意味が無い
立ち止まっているうちに、その当の未来がやって来るのだ
最先端時間において、我々はどう振舞うべきか?

先の未来であればあるほど、正確性を欠く反面、代わりに語ることが出来る(投げ出さない)
ただ宗教の場合は範囲が広すぎて「こうすればこうなる」が「こうなるようにしなさい」
「こうならなかったのは、そうなるようにしなかったあなたが悪い」という反転が起こる

科学は科学の内に絶対だ(前提からの逆説)
問題は、分からないことに直面した時、我々はどう振舞うべきか、どういう姿勢であるべきか
私の将来をどう支えるのか
世界は人スケールには収まらない
しかし事実そのスケールで生きるしかないのだ
盲目にはなりたくない・・・

194 : ◆111/u9SwwA :2010/07/18(日) 06:17:48 0
真のオリジナルとは何だろう

195 : ◆111/u9SwwA :2010/07/20(火) 04:56:39 0
仕方がない
あいつらは言葉から生まれたんだ
俺たちとはそこが違う

196 : ◆111/u9SwwA :2010/07/22(木) 07:30:43 0
本当何をしてこれから生きていこう
何をして生活を立てていこうかしら・・・

197 : ◆111/u9SwwA :2010/07/23(金) 08:17:19 0
保険料年金市民税でお金がマッハ足りないwwwww

198 : ◆111/u9SwwA :2010/07/23(金) 08:31:36 0
おほほ
計算すればする程、俺の将来の破綻が目に見えてくる
三年後本当に生きてるのか俺。自業自得だけど・・・
なるほどこれが本当の危機感か
死ねる

199 : ◆111/u9SwwA :2010/07/23(金) 08:33:50 0
やばいやばいやばい死にたくない死にたくない

200 : ◆111/u9SwwA :2010/07/25(日) 02:43:26 0
まるで話が通じない
もう諦めるしかないな…はぁ

201 : ◆111/u9SwwA :2010/07/25(日) 02:51:10 0
ああそっか
みんな正義なのを忘れてた
なるほど
無私が尊いわけだ

202 : ◆111/u9SwwA :2010/07/25(日) 03:18:57 0
あー殺してやりたい
俺の心を勝手に決めるなよ
どいつもこいつも
私評を当然の道理だと思い込んでやがる
有象無象の些末な魂よ、これが現実だ

203 : ◆111/u9SwwA :2010/07/26(月) 22:23:22 0
ものっすごい今更だけど、あれ宮崎吐夢って人が元だったのかw
メモ

204 : ◆111/u9SwwA :2010/07/27(火) 02:13:57 0
自己をしっかり保とう
200レス超えを見逃さない為にも

205 : ◆111/u9SwwA :2010/07/27(火) 03:07:12 0
不信は不信信仰
信仰は信仰不信

206 : ◆111/u9SwwA :2010/07/28(水) 01:14:22 0
口先ばかりも、あそこまでいくと芸術というか
完成されてるなあ、本当。イヤミとかじゃなく凄い
ギャグでキャラな訳じゃないんだもんな、アレ。凄い
マジでアンブレイカブル

207 : ◆111/u9SwwA :2010/07/29(木) 02:51:23 0
そうだった、人は歳で成長するのではない。経験で成長するのであった
七難八苦は食事
俺は食欲不振な上に体力なくて消化不良
全てを見通せる目が欲しい、全てを見渡せる怪奇
世界を身に施せる怪異
清濁併せ呑む澄み透った心
本気の矛盾、馴れ合いの混濁、幸せな平和
公的私、私的私、繁茂する思想、明朗簡潔な解読
世間、世界、人、人間、無い未来、在った過去
広く狭い私見、肉体、夥しい精神
作り上げる文化、一過の拠り所、一瞬の機、有限の知
知れない無知、合致しない化け物、殺し合う光、蔓延る自己意識
分からない寿命、ある限界、知らない限界
都度、都度、都度
今日は寝よう、明日の為に

208 : ◆111/u9SwwA :2010/07/29(木) 23:57:46 0
銃・病原菌・鉄
一応メモ

209 : ◆111/u9SwwA :2010/07/30(金) 05:16:11 0
公の自分をもう少し意識しよう……

81 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)